読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tatü

あるまじろみたいな。 写真とか、カメラとか、日常とか。ぎゅっと詰め込んだ場所。

富士フィルム主催 【FUJIKINA 2017】へトリップトリップ!

f:id:teddysduck:20170121214516j:image

 

本日は、希望休も出してないのに、

お休みをいただけた土曜だったため。

ちょっとザワザワしている、富士フィルム主催のフォトイベント【FUJIKINA 2017】に行ってきました。

と、いっても、カレー友達の女の子と一緒に喫茶巡りをしている途中だったので、メイン会場となる、しまだいギャラリーのみです。

 

サクッと感想を言うと。

 

・相変わらず不器用なイベント(※褒めています)

・GFX 50s は、個人的に異常でした(※褒めています)

 

今回、二条でカレーを食して向かったため、烏丸御池でバスを降りると、目の前に、緑ののれん。


 

 f:id:teddysduck:20170121215211j:plain


漢字で書かれているので、しまだい、と気づかず。

そして、大通りに面したところから、スーツ姿のバイトさんに促されるままに入ります。


そこで、靴袋を受け取って、靴を脱ぐのですが、、、

真冬の時期の開催。

ブーツの方が多く、そこでまず渋滞。

正面入ってすぐは受付はなく、向かって右側がクイックメンテナンス会場とXシリーズのレンタル会場。

左側には等身大近くの写真がズラッと並びます。


中庭を囲むように和室に繋がっていくのですが、

そこにあったのが、富士フィルム 新製品 中判デジタルミラーレス一眼 【GFX 50s】のタッチアンドトライ。

打掛を背景に、振袖を着たお姉さんお一人がモデルを務めてくださいます。

たまたまトークショーの最中で、人が少なく、10分程度で触ることが出来ました。

f:id:teddysduck:20170121220130j:plain

許可をいただき本体の2枚だけ撮らせていただいたのですが、急いでいたので、変な写真しかありません笑

ちなみに写っている状態は、あらかじめ用意していただいていたモデルを質問と同時にバラしていただき、購入想定でカスタムしていただいた状態です。


本来のタッチアンドトライの状態は、

全部のせ、で用意されています。


GFX 50s ボディ

標準ズームレンズ

パワーグリップ


で、

尚且つ、SS優先モードで渡されました笑

たまたま先に使われていた方のモードがそれだったのかもしれませんが、、、、

その設定状態で渡されて、本気で「え?使いづらい、、、」って思い込むところでした。


ゆっくりと設定を観察してみていたところ。

SS解除のためには、レンズ側のロックを解除しながら絞りリングを回していく。

また、カメラ内設定が見える位置が、他社とほぼ同じ右側天井部分へ変更。

液晶はバリアングルだが、今までのモデルとさほど変わらない稼働域。

設定をいじるボタン設定は、T10くらいから搭載された、ジョイスティック。正直このボタンが壊れそうで怖い。前から思ってたけど。

操作性は他のモデルと変わりません。

むしろボタンが少ない(T2などに比べてですが)ので、実にシンプル。

だがしかし、ものすごく重いこととAFがあまりにも遅いことで、パワーグリップつけてこれなのか?と一瞬過ぎったので、軽くカスタムしてから動かしたら、だいぶスムーズでした。

そして、スタッフさんの手が空いておられたので、無理を承知で、パワーグリップを外して、レンズを単焦点にしていただけますか?というお願いにすぐに対応していただき上記の写真の状態になりました。


AF速度が格段に速く、尚且つ、めっちゃ軽い。

求めていたスタイルでした。本気で。

わが家のG690よりも軽い軽い。


振袖のお姉さんも正面に来てくださり、たくさん撮ってもストレスがなく、ボケも最大開放値の2.8でも十分なシャープさ。

写真持って帰らせてもらえないのが残念すぎました。仕方ないのですがねぇ。。。


ちょっと見渡すと、変な角度でファインダー覗いている方が。

スタッフさんが気づいてくださり、カスタムしますか?と。


f:id:teddysduck:20170121221756j:plain


ファインダーが外れるのでそこにはめるアクセサリーを付けると、まさかのファインダーのままのウエストレベルへ笑

これがクネクネ動くので、慣れてきたら縦位置とかやりやすい。

昔のハンディーカムみたいな角度になるのです。


ちなみにこちらのカスタムアクセサリーだけで4万円とのこと。

いや、あの、うん、はい。笑


そして、カバーは出ないこと。

ストラップが憎い。

憎い。※褒めてます。

中判なので当然ではあるのですが、専用金具のストラップのみ。

たぶん、流用できるとは思いますが、、、


f:id:teddysduck:20170121223704j:plain


突起タイプの昔のものです。

どういうストラップかは現物はなかったので、金具のみ。

でもこれだけでも胸が踊る。

スタート値は、ボディ75万スタート。

大手家電量販店では、ポイント分でやや値上がり気味の82万円スタートとのこと。


ということで、お触りして、テンションマックスになりながら、平間至さんのトークショー会場へ向かおうと外に出たら、

友人が「たぶん、会場同じギャラリーじゃないかな?」って言うので、靴袋を返した後で恥ずかしさを押し殺し、尋ねたら、同じギャラリーでした。

ただ、入口が異なるので、と連れて別の入り口に連れて行っていただきました。

中でトークショーしてるのはチラッと見えたのですが、各ギャラリーで開催中かつ、元々違うギャラリーだと思い込んでいた自分が悪かったのですが、その後も何人かスタッフさんに連れられて来ていたので、入り口に案内があればなぁ、、、とぼんやり感じました。


平間至さんのトークショーに関しては、

中身は凄かったです。

すでに公開されているGFXチャレンジの動画の裏話や、撮影されたダンサーの方が来られていたので、その話、平間至写真館in KYOTOの撮れたてホヤホヤの現物をみて、GFXもさることながら、やはりすごくシンプルな方だなぁ、って4年ぶりにお見かけする姿に泣きそうになりました。

塩釜フェス。やはり行きたい。

なによりも、マニュアルフォーカスであれを撮るとかもう凄すぎて、理論ではわかるけれどもあれだけ深度の浅い状況であれだけは本気でやばい、と。


ただ、写真館自体は何時から何時と案内がありましたが、トークショーは何時から、という案内がホームページ上になく、当日会場に着いてから、何時より席に案内ということで、立ち去る人も多く、んー、、、となりました。


f:id:teddysduck:20170121225102j:plain


実際に平間さんが使われていたセッティング。

すごいシンプルでした。

Xの肖像、ぜひ、開催してほしい。


そんなこんなで、しまだいギャラリーでの用事を済ませて、時間の都合上、FUJIKINAは他会場は回らないと決めて、一か所寄りたい展示をやっていたギャラリーがあったのですが、僕のメンタル面と体力と相談して、見送りました。

そして、再び喫茶巡りに戻ったのでした。



あと、これだけはどうしても気になったのが、、、

平間さんが撮影されていたエリアですが、蔵が内蔵されているような造りで、

シューティングを見守れる窓があって、そこから見ていたら、スーツ姿の業界の方が、

平間至ってプロじゃないんだろ?ただ単に和ますのが上手いだけだろ。あんなの起用して。』

と目の前で話してるお偉いさんが居ましてね。

明らかにメーカーの方だったんですが。

で、そのおじさんがひとしきりお付きの方と話し終わった時に後ろを振り返って、

『平間さんのどこがいいの?』

と尋ねられたときどう答えていいか分からず。

タワーレコードのアーティストポスターとか撮られてる方で、音楽が好きなのも高じて、個人的には好きな写真家さんです』

とだけ答えましたが、ぐちぐちとその方はまたお付きの方と話してました。

『俺も今日スーツだから撮ってもらいたんもんだ!』と吐き捨てるように行ってふらふらしていったおじさんに、フジの別の偉いさんが声をかけて

『◯◯さん、平間さんとお話されたことありましたっけ?紹介させてください、せっかくなので!』

と。

そこから、声をかけた別の偉いさんが

『…いやいや、平間さんはプロの写真家さんなんですけどね、写真家としてXのこと気に入ってくださってて、色んなところでフジはいいよーって言ってくださるし、写真家としてここをこうして欲しいって正直に意見を言ってくださる方なんですよ。イベントとかも…』

と丁寧に略歴と塩釜フェスとかのお話されてて、そうしたら態度を一変したおじさん笑

もうなんか見てて本気で呆れたし、

あなたが色々言ってた間にも平間さんのファンの人は周りにたくさん居たわけで、、、

なんかなぁーと。

後味がものすごく悪かったです。トークショーまでは笑


ということで、

長く書きましたが、FUJIKINA 2017 京都 とても楽しかったです。

事前登録の粗品ですが、まだ明日も会期がありますので明日追記します。

相変わらず不器用な粗品でした笑


なにより、たくさんの人がレンタルも含めて、フジのカメラをぶら下げながら、暖簾や会場内を撮影されてて、ここまで富士フィルム愛されてるんだなぁ、興味持って貰えてるんだなぁって、生粋のフジッコは胸熱くなりました。

タッチアンドトライは男性ばかりでした笑

そして、X100の新シリーズのタッチアンドトライはどこでやってるのか?と問い合わせている方は20〜40代の方が多かったです。

やはり根強いー。


明日までですので、お近くの方はぜひ。


f:id:teddysduck:20170121231632j:plain


f:id:teddysduck:20170121231552j:plain


f:id:teddysduck:20170121231836j:plain


f:id:teddysduck:20170121231858j:plain


f:id:teddysduck:20170121231920j:plain


f:id:teddysduck:20170121231941j:plain


この時56mm APDだったので、広角で撮りたかったです。。無念。


FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B