読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tatü

あるまじろみたいな。 写真とか、カメラとか、日常とか。ぎゅっと詰め込んだ場所。

はじめての手持ち夜空撮影。

てもちてんたいさつえい

 

 

これを更新しているのは、世間はシルバーウィークとやらですね。

(9・19)

通常なら、365日休みのない仕事なので、お休みではないですが、

母が65歳になるため、夏休みもいただいておりませんでしたので、わずか二日ですが、帰省しております。

 

明け方、愛犬に起こされ、彼のトイレに付き合って外に出てみたら星が綺麗でした。

三脚もない、家も増えて、電線も多い。

でもどうしても撮りたくて。

 

半分手持ちみたいなもので、30秒バルブ撮影をしてみましたw

昔、15年くらい前に、天体撮影のWSに出たことがありましたが、まー忘れてます。

道具もないし。

ファインダー見ることができないので、適当にピント合わせたので、なんとも言えませんが。

道具とか、いろいろ揃えなくても撮れるものなんだな、って感じました。

もう一枚、明るくなってきてたときに撮ったものに星からのプレゼントがありました。

それは、また後日。

 

ただ、だらだらするだけの短い休暇の始まりです。

 

 

Beehive

Beehive

 ピロウズのセルフカヴァー版がないので、こちらで。

ちっひーのもまた素敵です。

 

 

 

 

 

 

---------------- 8× オシラセ ----------------

 

《月に一度、お気に入りのカメラともっと仲良くなってみませんか?》

 

10月より、彩珈楼写真教室の初級クラスが開講されます。

私、三原あひる。も、金曜クラスを担当させていただくことになりました。

今回から講師も増え、講師を選択できるのも魅力のひとつになりました。

 

スマートフォンの普及で手軽にかっこいい写真が撮れる時代になって、

その分、もうちょっとこうしたい、ああいう写真が撮りたい、という気持ちが湧いてカメラを買う方も増えてきたと思います。

悩んで選んだ相棒のカメラよりスマートフォンがいい、という気持ちになることも多いと思います。もちろんそんなシーンもあります。

じゃあ、せっかくお迎えしたカメラともっと仲良くなっていこう、写真を知っていこう、という教室です。

 

私自身も、8ヶ月、別のレジデンシークラス(中級〜上級)を受講していましたが、

ここまで少人数で、受講に関して自由度の高い教室はないのではないでしょうか。

初級では物足りないという方は、展示コース、フィルムコースもありますので、

詳細は下記リンク先をご覧いただければと思います。

 

教室というと、敷居が高い、料金も高い、というイメージですが、そこも解消できるかな?と思います。

皆様の受講をお待ちしております◎


art prodacts by annjulia annjerica